Bit Lending(ビットレンディング)高利回りを実現した貸仮想通貨の始め方を紹介

Bit Lending(ビットレンディング)は、2022年3月にサービスと開始したばかりの仮想通貨レンディングサービスです。

国内仮想通貨会社の中で、レンディングサービスを行っている業者の中ではトップの利回りを実施しています。

まだ、新しいサービスですが中・長期投資を行うなら高利回りを活用しない手はありません。

Bit Lending(ビットレンディング)について紹介していきますので、中・長期投資を考えている方参考にしてください。

Bit Lending(ビットレンディング)の概要
  • 国内トップの高利回りレンディングサービス
  • 出金手数料が無料
  • 少額からのレンディングが可能
  • 強固なセキュリティを確立
目次

Bit Lending(ビットレンディング)とは

Bit Lending(ビットレンディング)は、2022年3月に仮想通貨のレンディングサービスを開始しています。

株式会社J-CAMがBit Lending(ビットレンディング)の運営もととなっています。

Bit Lending(ビットレンディング)が行っているレンディングサービスは、消費賃借取引サービスです。

ユーザーが持っている仮想通貨を一定期間Bit Lending(ビットレンディング)に貸すことで料率で計算した賃借料を仮想通貨で支払うサービスです。

銀行にお金を預けて年率をもらう、株を購入して利回りをもらうのと同じように、仮想通貨をBit Lending(ビットレンディング)に預けた利回りを貰う形になります。

レンディングサービスとは

Bit Lending(ビットレンディング)が提供しているレンディングサービスは、仮想通貨を預けて資産を増やしたい人と仮想通貨を借りたい人をつなぐ仲介の役目をになっています。

ユーザーからBit Lending(ビットレンディング)が仮想通貨を借りて、借りた期間に応じた料率をプラスしてユーザーに返す。

Bit Lending(ビットレンディング)から、企業や機関に仮想通貨を貸して、貸して期間に応じた料率がプラスされ返還されます。

この1連の流れがレンディングサービスです。

Bit Lending(ビットレンディング)の特徴

Bit Lending(ビットレンディング)の特徴について紹介していきます。

Bit Lending(ビットレンディング)の特徴
  • 国内トップの利回りを誇るレンディングサービス
  • 出金手数料が無料
  • 少額からレンディングサービスが使える
  • 強固なセキュリティを確立

国内トップの利回りを誇るレンディングサービス

現在Bit Lending(ビットレンディング)では、6種類の仮想通貨レンディングサービスを扱っています。

FILは6.5%ですが、そのほかは全て8%と高利回りなのが見てわかります。

他仮想通貨取引所もレンディングサービスを行っていますが、Bit Lending(ビットレンディング)と比べれば差は歴然です。

仮想通貨取引所レンディングサービス利回り
Bit Lending(ビットレンディング)6.5%~8%
Coincheck(コインチェック)5%
bitbank(ビットバンク)3%
GMOコイン3%

Bit Lending(ビットレンディング)の中で一番利回りが低いFILの6.5%でも、他社を上回っていますのでBit Lending(ビットレンディング)の利回りの高さが際立って見えるのではないでしょうか?

中・長期投資は、利回りが数パーセント違うだけで資産運用に大きな差がでます。

特にBit Lending(ビットレンディング)の高利回りは、国内仮想通貨取引所と大きな差が開いているので、資産を運用するのに使わない手はありません。

出金手数料が無料

Bit Lending(ビットレンディング)をレンディングサービスを利用する場合は、途中で取引を終了しても出金手数料は無料です。

後ほど紹介しますが、少額から取引を始めると出金した際の出金手数料で利益が削られて、手元に利益が残らないというケースもあります。

Bit Lending(ビットレンディング)は、全ての出金手数料が無料ですので、少額から始める方でも手数料の事を気にすることなく運用する事が出来ます。

少額からレンディングサービスが使える

Bit Lending(ビットレンディング)は、少額からレンディングサービスを利用する事が出来ます。

各仮想通貨によって、最小単位が決まっていますので下記表を参考にしてください。

仮想通貨最小単位
BTC0.001BTC
ETH0.1FTH
USDT50USDT
USDC50USDC
FIL1FIL
DAI50DAI

ETFの最小単位が高めですが、あとは1万円以内から始める事ができるので、少額から運用を始めたいという方は上記の最小単位から始める事ができます。

また、更に仮想通貨資産を貸し出したり、貸出している仮想通貨資産を減らすことも出来ますので、自分に合わせた運用をすることが可能です。

強固なセキュリティを確立

Bit Lending(ビットレンディング)は、ユーザーの資産を借りて企業や機関に貸し出しをして収益をえていますので、かなりセキュリティ面は強化されています。

Bit Lending(ビットレンディング)は、不正引き出しやハッキング防止はもちろん、資産のリスクコントロールや仮想通貨市場に合わせたリスク管理をしています。

仮想通貨メディアとして培ってきた仮想通貨市場のノウハウを活かした資産マネジメント、不正防止や成りすまし、ハッキング防止などのセキュリティ面は資産運用するユーザーにとって大きな安心感となります。

Bit Lending(ビットレンディング)利用までの流れ

Bit Lending(ビットレンディング)の利用までの流れは、

STEP
申込

STEP
本人確認
STEP
仮想通貨送金
STEP
レンディング運用開始
STEP
賃借料の支払い

以上の流れでBit Lending(ビットレンディング)のレンディングサービスを使って資産運用を開始します。

レンディングサービスを使って資産運用する場合は、仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

まだ、仮想通貨取引所の口座を持っていない方、複数口座を検討している方は下記より登録できます。

Bit Lending(ビットレンディング)申込手順

Bit Lending(ビットレンディング)の申し込み手順を紹介します。

流れ通りに行っていけば、そこまで時間はかからずに完了しますので、手順通りに行いましょう。

ここまで完了したら、あとは仮想通貨の運用成果を見守りながら、仮想通貨の貸し出しを増やしていくのか、減らしていくのか検討しながら、Bit Lending(ビットレンディング)で資産運用をしてみて下さい。

Bit Lending(ビットレンディング)まとめ

Bit Lending(ビットレンディング)は、レンディングの高利回りを実現しました。

銀行や株の利回りよりも優れた仮想通貨のレンディングサービスを使えば、中・長期的な資産運用を行う事ができます。

少額からはじめる事も出来るので、コツコツ資産運用する事も可能です。

実際に体感してみないとわからないかもしれませんが、仮想通貨の将来性が高くなれば高くなるほど、Bit Lending(ビットレンディング)が行っているレンディングサービスの価値も高くなるはずです。

仮想通貨を始めるなら、今話題のMove to Earnを試して損はありません!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次