仮想通貨取引所MEXC(旧MXC)が選ばれる理由を徹底調査!メリットからデメリットまで初心者にもわかりやすく解説

MEXC(旧MXC)は、シンガポールに拠点をおく仮想通貨取引所です。

世界でも多くのユーザーが利用しており、どの仮想通貨取引所よりも仮想通貨の上場が早い事でも知られています。

今回は、MEXC(旧MXC)について仮想通貨取引初心者の方でもわかりやすく、MEXC(旧MXC)の口座を使うメリット・デメリットを紹介していきます。

MEXC(旧MXC)のメリット・デメリット
  • 世界トップクラスの取引銘柄
  • 仮想通貨銘柄の上場が他取引所より早い
  • IEOの投票権を獲得できる
  • 最大レバレッジ125倍
  • 手数料が他取引所より割高
  • 日本円の取引が出来ない
目次

仮想通貨取引所 MEXC(旧MXC)とは

仮想通貨取引所 MEXC(旧MXC)は、2018年に設立されたシンガポールに拠点を置く海外仮想通貨取引所です。

ユーザー数は、数百万人を突破しており、1日の取引量も数億ドルを突破するなど、世界各国のユーザーに注目されている人気の取引所です。

現物量取引ランキングでは国内でも有名なZaifやBitbankなどの取引所よりも上位に位置しているほどです。

海外仮想通貨取引所の中でも、注目度の高いMEXC(旧MXC)には、更に多くの仮想通貨ユーザーが集まるのではないかと思われます。

MEXC(旧MXC)公式HP

仮想通貨取引所 MEXC(旧MXC)のメリット

MEXC(旧MXC)のメリットについて紹介していきます。

MEXC(旧MXC)のメリット
  • 完全日本語対応
  • 世界トップクラスの取引銘柄
  • 世界各国のライセンスを取得している安全性と信頼性
  • 銘柄の上場が他取引所より早い
  • IEOの投票権を獲得できる
  • 最大レバレッジ125倍で取引可能
  • MEXC(旧MXC)の独自トークンMX
  • 豊富なキャンペーンとエアドロップ

上記のメリットは、仮想通貨取引所の中でもトップクラスです。

初心者の方でも始めやすいメリットも多々あります。1つ1つ紹介していきます。

完全日本語対応

海外仮想通貨取引所のという事で、英語表記がネックになるという方も多いですが、MEXC(旧MXC)は日本語対応しているので、海外仮想通貨取引所が初めてと言う方も問題なく扱う事が出来ます。

MEXC(旧MXC)は、日本語対応だけでなく英語・中国語・韓国語・ベトナム語などに対応しています。

幅広い言語に対応している点も、世界各国のユーザーからの人気がある事が伺えます。

日本語版のTwitterも開設しているので、情報をいち早く入手出来る事も嬉しいですね。

世界トップクラスの取扱銘柄

MEXC(旧MXC)の取扱銘柄は、現物取引で1100種類以上、デリバティブ取引でも350種類以上と業界トップクラスです。

有名なビットコインやイーサリアムなどの銘柄はもちろん、これから有望視されるアルトコインや草コインなどの種類も豊富に扱っているので、実益な取引から将来を見据えた取引まで可能です。

世界各国のライセンスを取得している安全性と信頼性

海外取引所ですと安全性や信頼性に不安を感じる方もいると思いますが、

MEXC(旧MXC)は、4か国でコンプライアンスライセンスを取得しています。

特に世界の主要3大ライセンスと言われる、アメリカMSBライセンス・オーストラリアAUSTRACライセンス・カナダのライセンスを取得しており、その安全性と信用度は高い事が伺えます。

銘柄の上場が他取引所より早い

MEXC(旧MXC)は、他の仮想通貨取引所と比べて、仮想通貨の上場が早い事でも有名です。

以前データの民主化を目指しているJASMYという銘柄が高騰して話題になりました。

このJASMYは、MEXC(旧MXC)でしか購入する事が出来ず、MEXC(旧MXC)に登録する人が殺到した事でも有名です。

草コインの中には、上場して10倍以上になった銘柄も珍しくないので、MEXC(旧MXC)のように上場が他取引所より早いという事は、それだけ値上がりの際に利益を得やすいという事です。

IEOの投票権を獲得できる

IEOは、上場する仮想通貨の投票権を獲得する事が出来る権利です。

投票した仮想通貨が上場された際には、半額で購入できる特権が与えられます。

これは、株式投資のIPOと同じような事で、上場前の段階で株購入の権利を与えられ、購入しておくと上場したときの値上がりを期待できます。

市場の期待感や将来性が見込まれて上場するので、上場後に人気が出れば値上がりする可能性が高いです。

最大レバレッジ125倍で取引可能

国内の仮想通貨取引所では、最大レバレッジが2倍までですが、MEXC(旧MXC)では、最大レバレッジ125倍で取引可能です。

他にも海外取引所はありますが、Bybit が100倍、 Binanceが25倍とMEXC(旧MXC)の125倍を超える取引所はありません。

レバレッジが高いと少額からでも大きな取引が可能ですので、初心者の方で少額から仮想通貨取引を始めたいという方には、高いレバレッジを誇るMEXC(旧MXC)はおすすめです。

MEXCの独自トークンMX

MEXC(旧MXC)では、独自トークンを発行しております。この独自トークンを保有する事で、様々な特典を受ける事ができます。

その中でも、特に重要視したいのが手数料20%割引とIEOの参加券が獲得可能になる事です。

手数料は、取引をするためにかかる手数料の事です。この手数料が実際に20%割引になるのはありがたい事です。

また、先ほど解説させて頂いたIEOに参加する権利を取得する事が可能です。

豊富なキャンペーンとエアドロップ

MEXC(旧MXC)では、初回入金キャンペーンなど豊富なキャンペーンを定期的に開催しています。

キャンペーンを上手く利用する事で、資金源を増やす事ができます。

また、海外仮想通貨取引所ではエアドロップという、無料で仮想通貨を配布するというイベントもあります。

無料で仮想通貨を貰えるとなれば、それを保有しているだけでも将来的な資産になるので参加するメリットは十分にあります。

仮想通貨取引所 MEXC(旧MXC)のデメリット

次にMEXC(旧MXC)のデメリットについて解説していきます。

MEXC(旧MXC)のデメリットは、

MEXC(旧MXC)のデメリット
  • 手数料が他取引所より割高
  • 日本円での取引が出来ない

以上が挙げられます。

メリットばかりではありませんので、デメリットも把握したうえで取引する事をおすすめします。

手数料が他取引所より割高

MEXC(旧MXC)の取引手数料は、他の海外仮想通貨取引所と比べて多少割高です。

取引手数料は1回・2回の取引では目立ちませんが、年数単位で考えると取引手数料の違いは歴然と目に見えてきます。

ただ、MEXC(旧MXC)の独自トークンであるMXを保有していれば、20%割引が適用されますので、MXの値上がりにも期待しながら、保有して20%割引の恩恵を受けるのも手段の1つです。

日本円での取引が出来ない

海外仮想通貨取引所ですので、基本的に日本円での取引は不可能です。国内取引所で仮想通貨を購入して仮想通貨同士の交換をする方法やクレジットカード・デビットカードで購入する方法があります。

日本円での取引は出来ませんが、入出金はしっかりとしている取引所ですし、何より国際的なコンプライアンスライセンスを取得しておりますので、安心して取引が出来ると思います。

仮想通貨取引所 MEXC(旧MXC)が選ばれる理由

MEXC(旧MXC)が多くのユーザに選ばれる理由は、豊富なメリットもありますが、125倍のレバレッジと多彩な取引通貨、そして仮想通貨の上場が早いという事です。

言いかえれば、少額で始められて、自分好みの仮想通貨が見つかり、早い段階で上場する仮想通貨を取得できるので、総合的に収益をあげられるシステムが豊富という事に繋がります。

仮想通貨取引は、利益を得るために取引をしますので、MEXC(旧MXC)のような多彩な収益性のある取引所は、世界各国のユーザーに選ばれるのです。

仮想通貨取引所 MEXC(旧MXC)まとめ

MEXC(旧MXC)は、数か国でコンプライアンスライセンスを取得している数少ない海外仮想通貨取引所です。

その安全性と信頼性は、海外仮想通貨取引所の中でもトップクラスです。

また、最大レバレッジ125倍や初回入金キャンペーンなど、仮想通貨取引初心者の方でも非常に始めやすい環境が整っている事は、間違いありません。

まずは、口座開設をしてみて、様々な取引システムや豊富な仮想通貨に触れてから、自分にあった取引を開始する事をおすすめします。

MEXC(旧MXC)公式HP

仮想通貨取引所の口座を開設したら、仮想通貨を無料で稼げるサイトがおすすめです!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次